沖縄県住宅供給公社

 
退去の手続き

住宅の退去届

入居者が退去されるときは、必ず退去の10日前までに住宅退去届を出してください。

住宅の検査

 退去届けを受理した時、立会い検査日を決めます。
 検査日に担当者と現地で立会い検査をしていただき、次のことを確認いたします。
   ・畳の破損。
   ・ガラスの破損。
   ・洗面器、便器破損。
   ・電気器具、電気スイッチ、かさ、ソケット等の破損。
   ・給水栓。
   ・玄関、その他のカギの破損及びカギの不足。
   ・退去者の設置による設備の撤去。
   ・その他町が必要と認めたもの。

退去時の留意事項

  1.タタミの表替え、襖の張替は必ず負担していただきます。
  2.退去する部屋は、きちんと後片付けし、台所、換気扇等は清掃してください。
  3.放置された物がある場合は、その撤去に要する費用は退去者の負担していただきます。
  4.電気、水道、ガス料金の精算をして、各完納証明書を提出してくださ。
  5.共益費完納証明書(各団地自治会長が証明書発行)
  6.カギは検査日にお返し下さい。
 
退去までの流れ



引越の10日前までに住宅公社窓口で退去の手続きと立会検査日を決める。

 
手続きに必要なもの
 1、印鑑(認印、ただしシャチハタ印は、朱肉が消えてしまうので不可)
 2、引越し先の住所(退去手続きの書類に記入)
 3、口座番号(市でお預かりしている敷金を返金するため)
 4、自治会共益費の完納証明書(団地の自治会が発行)


 引越しをする

 
引越しの荷物が運び出しが終わったら掃除をする。

 
 (掃除してほしい所)
 ・畳を起こして床を掃き掃除
 ・台所の流し台
 ・換気扇周り
 ・トイレ ・ベランダ
 ・落書きを落とす
 ・アルミサッシレールのゴミ取り


電気・水道・ガスの精算をする


掃除が終わり引越が全部終了したら、電気・水道・ガス・の供給業者へ引越し連絡をして 
最終料金の精算を して完納証明書を受け取る。


立会い検査を受ける

 検査は、入居していた方も立会いとなります。検査にかかる時間は1時間程です。
遅れないよう部屋の中でお待ちください。また、その他の修繕費は査定日に準備してください。

 
 検査時に準備するもの
 ①完納証明書(電気・ガス・水道の最終領収書) 
 ②自治会共益費の証明書 
 ③カギ