沖縄県住宅供給公社

 
申込み資格
(注)1 申込みは一世帯一団地に限ります。

(注)2 公営住宅に現在住んでいる方が、他の公営住宅へ住み替えるための申込は、原則として受付できません。
     (公営住宅とは県営住宅、市町村営住宅を言います。)

(注)3 単身入居の要件につきまして昭和31年4月1日以前に生まれた者も含みます。

(注)4 高齢者・障害者等について経過措置があり、昭和31年4月1日以前に生まれた者も含みます。

(注)5 一度申込みした団地は変更出来ません。

(注)6 夫婦別居という形での入居はできません。

 
次の全てに該当する方が、申込資格を有します
 1    現に同居し、又は同居しようとする親族(婚姻の予約者を含む)があること。   
  ※1単身入居できる場合もあります。
  注)婚姻の予約者は入居契約時に婚姻した旨の証明書が提出されないと入居できません。
 2  申込者及び同居親族の所得を合算した月収額が次の基準内であること。
  
  改良一般世帯               114,000円以下であること(計算後の所得月収額)
  
                高齢者      
  改良裁量世帯 ※2  障がい者     139,000円以下であること(計算後の所得月収額)
                未就学児等

 3

   現に住宅に困窮していることが明らかな者であること。(入居者全員が持家を所有していないこと)

 4

  豊見城市内に3ヶ月以上住所を有する者であること。
 
5

  市税及び国民健康保険税の滞納がない者であること。
 6  本人及び同居者が、暴力団員による不当行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)
  第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。
 7  入居契約時において、次記条件に添う連帯保証人を立てることができるものであること。
  次(下記参照)のすべてに該当する方に限ります。

※1 単身入居(別居中を除く)
   ○資格:60歳以上・障がい者・生活保護受給者・ハンセン病療養所入所者等・DV被がい者
 (身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることができず、
  又は受けることの困難であると認められる者を除く。)
 ○住居:単身応募者の申込みは、2DKの間取りに限ります。

※2 裁量世帯とは、
 ○全員が年齢60歳以上の世帯
 ○入居者が年齢60歳以上の者で同居者が18歳未満の者の世帯
 ○入居者又は同居者に身体障がい者(1~4級)・精神障がい者(1~2級)・知的障がい者(A~B級)がいる世帯)
 ○入居者又は同居者に戦傷病者のいる世帯
 ○入居者又は同居者に原爆被害者のいる世帯
 ○入居者又は同居者に海外引揚者のいる世帯
 ○ハンセン病療養所入所者等
  ○小学校就学前の子供がある場合

※3 DV被がい者とは、
 ○配偶者暴力防止法による一時保護又は保護が終了した日から記載して5年を経過していない者
 ○配偶者暴力防止法の規定により裁判所がした命令の申立てを行った者で当該命令がその効力を生じた日から起算して5年経過していない者
 ○上記のいずれかに該当し、申込みされる方は、沖縄県女性相談所長又は裁判所の保護命令決定書(写し)の提出が必要となります。